可変バーコード印刷

可変バーコード印刷お任せください。

連番バーコードなどバリアブル印刷します。対応可能バーコードの種類は、JAN13、JAN8、郵便カスタマ、物流標準(ITF14)、物流アドオン(ITF6)、CODE39、NW-7、CODE128、UPC-A、UPC-E、ITF、QRコード(モデル2)。展示会などの来場客をバーコードで処理したい方、郵便カスタマを印字して料金を安くしたい方などお気軽にご相談ください。

可変できるバーコードの種類

QRコード
■QRコード
二次元コード。一次元コード(バーコード)と比べて多くの情報を積み込めます。一般的なモデル2で作成します。
JAN13
JAN13
流通コードとしてJISによるにより規格化されている。
 おすすめ用途会員カード、注文カード、社員証
JAN8
JAN8
バーコードシンボルが表示できないような小さい商品に使用します。
NW-7
NW-7
読み取り精度が高いのが特徴です。
スタートコード、ストップコードで、管理や区別ができ、数字の連番に強いタイプです。
桁数が同じでもバーコードの横幅がCODE39よりも小さく済みます。
おすすめ用途
宅配便のカード、社員証、整理券、引換券など
CODE39
CODE39
リーダーが対応しているものが多いです。
バーコード自身が英数字や記号を扱えるので、生産月・棚割・品番などより多くの表現が可能になります。
部分読み取りによる誤読も無い為、汎用性・信頼性が高いです。
おすすめ用途
備品管理カード、株主総会 、会員カードなど
CODE128
CODE128
主に医療業界や冷凍食品業界などで利用されています。

郵便カスタマ
カスタマバーコード
料金受取人払郵便物用 カスタマバーコード。郵便料金の割引適用のために用いられます。郵便カスタマ内の情報は、数字/ハイフン(-) /アルファベットから構成される郵便番号及び住所表示番号です。
ITF14
ITF14
段ボールに印刷されるなど標準物流コードとして主に利用されています。

商品に関するお問い合わせ

ご不明な点や入稿前のお打ち合わせなどはメールフォームよりご相談ください。
お問い合わせ