Classic環境

Classic環境

MACOS9、Classic環境対応します!

●過去のデータに改訂が発生してしまった。
●Quark3.3データは未対応だと断られてしまった。
かつて、DTPといえばQuark(XPress)といった時代がありました。「Macで組む(ドキュメントを作成する)」といえばQuarkXPressを使ってDTPを行うことと同義とされていました。しかし今ではすっかりInDesignの独壇場となりました。
かつて、フォントといえばOCFフォントでした。PostScriptフォント(PSフォント)とよばれました。スクリーンフォントとプリンタフォントに分かれ、RIPにインストールするのも大変でした。(フロッピーからインストールしていました!)
そんな時代に作られたデータから再版がかかったことはありませんか?InDesignで開くことができるとはいえ、体裁は崩れてレイアウトの組み直しです。ソフトは残っているからPDF出力して印刷しよう!いえいえ、OCFフォントはエンベット(埋め込む)ことができません。
弊社では、今でもMACOS9(Classic環境)・OCFフォントのワークフローを残しています。過去のQuark(XPress)やページメーカーでの作業が可能です。
また、OCF環境からCIDフォント搭載のRIPに出力することによって、体裁を崩すことがなくフォントがエンベット(埋め込まれた)PDFファイルを作成することもできます。
面付け済みPDF納品も可能です。

こんな方におススメです

Quark3.3やページメーカーのデータから再版印刷したい方。
OCFフォントをPDFにエンベット(埋込み)たい