7月5日 「ビジネスブログ」でSEO以外の効果が見込める企業とは?

☑ 自社の製品・サービスに対する自信がある
☑ 製品・サービスに対するさまざまな想いがある
☑ 会社として長い歴史を持っている
☑ 会社として目指すビジョンが明確である
☑ 市場にニーズがあり、困っている人がいる
☑ 製品・サービスに満足してくれた顧客がいる
☑ 社風や社員の人柄に特長がある
 

なぜ企業はブログを書くべきか?

個人から企業まで、さまざまな「ブログ」がインターネット上に作成されています。

単に自分の日常をつづった日記のようなものから、自分の持つノウハウや経験を発信しているもの、アフィリエイト目的のもの、特定の商材やサービスを宣伝するためのもの、テーマに沿った記事を更新しているものなど、その目的やスタイルは実にバリエーション豊かです。

そもそもこの「ブログ」とは何か、ご存知でしょうか?

その語源は“ウェブ上の記録”を意味する「ウェブログ( weblog )」にあります。

「ウェブログ」とは、簡単に作成・公開することができるウェブサイト(ホームページ)のこと。サイト制作の専門的な知識がなくても、テキストや画像を用意すれば誰でも更新ができるものです。

この「ブログ」は、ビジネスシーンでも大変有効なツール。

ブログを通じて長期的かつ戦略的に情報発信をしていくことで、営業成果の向上や、ブランドイメージの醸成につながります。
「ビジネスブログ」でSEO以外の効果が見込める企業とは?
 
「ビジネスブログ」でSEO以外の効果が見込める企業とは?

「自信」にも、いろいろありますよね。

例えば徹底して品質を高めている、専門性がどこよりも高い、さまざまな技術やノウハウがある、素材や原材料にこだわっている、独自のPRポイントがるなど。

「この魅力を伝えたい!」と日頃から思っていることがあるなら、そのポイントを一つひとつブログで発信できます。

ただし注意したいのは、一方的な宣伝ばかりにならないようにすること。あくまでも「顧客が知りたいこと」を書くのが基本です。

販促のパンフレットなどでは一部しか記載できませんが、ビジネスブログなら、あらゆる切り口から商品・サービスに言及することが可能です。
どんな製品やサービスにも、それを開発した理由があるはずです。

ビジネスブログでは、その“想い”を軸にコンテンツを発信していくことをおすすめします。

人間はスペックだけではなく、感情で動くもの。

例えば商品・サービスの開発秘話や苦労話、なぜその事業を手がけているのか、これからどんな未来像を描いているのか。

その製品・サービスに携わっている社員の姿勢や想いなどを丁寧に伝えるのも効果的です。背景にある想いやストーリーがビジネスブログで言語化されることにより、企業に対する理解が深まり、“ファン”の獲得につなげることができます。
10年、20年と経営を続けている企業ならどこでも、知らず知らずのうちに独自のノウハウや知識を蓄積しているものです。

社内では当たり前だと思われていることが、実は外から見るとすばらしい技術であったり、一般的には知られていない専門知識であったり、と言うのは非常によくあることです。

第三者にヒアリングしてもらう、顧客からよく問い合わせ・質問がくる項目をピックアップしてみるなど、社内に眠っている資産を活用してみてください。

専門的な情報を発信することによって、企業としての信頼度を高めます。
企業のビジョンやミッション、目指す未来などがハッキリしているなら、「どこを見据えて走っている
企業なのか」を認知してもらうためにも、継続的な情報発信が欠かせません。そもそもビジョンや経営理念などは、さまざまな角度から繰り返し伝えていかなければ浸透しないもの。

対外的にはもちろん、それは社内にいる従業員に対しても同じことです。

「自分の会社が目指す方向性がイマイチつかめない」という人は、意外に多いもの。

社内でビジョン・ミッションを共有するために、ビジネスブログを活用する意義は多いにあります。
例えば、企業によくある営業課題を解決するサービスなど、市場に一定のニーズがある場合。

潜在的な顧客に見つけてもらうために、課題解決のためのノウハウ、ソリューションなどを発信するのが有効です。

実際に製品・サービスを導入した企業の事例も効果的。自社の課題と近い顧客事例が多数掲載されていれば、実績が伝わり信頼・安心感を高めることができます。
 
 
陽幸社 スタッフBLOG 一覧