3月15日 便利なGoogleアナリティクスですが、訪問数だけ見て満足してませんか?

コンバージョンというものをご存知ですか?

コンバージョンはホームページにとって重要な数値になることは理解していると思います。
しかし、コンバージョン率に関して、意味があるのかは理解してない方が多いと思います。

ホームページやECサイトなどで売り上げや問い合わせを増やしたいと考えているなら、コンバージョンを適切に設定してください。

コンバージョンの定義はサービスによって変わりますが、基本的に
ホームページはこのコンバージョンを増やしていくために、正しい設定と改善施策を続けて行くことです。

※ 正しくコンバージョンを設定をしていなければ、改善策を違う方向に向かわせてしまう可能性があるため、非常に重要です。

 
コンバージョンとは、変換を意味する言葉です。

Webマーケティングの分野に置いては、「顧客見込み」から「顧客」への変換を意味し、成約を意味する言葉で最終的な成果として使われます。

購入/資料請求/お問い合わせ
会員登録などをコンバージョンにする場合が多く、コンバージョンを設定することで、ホームページにおける施策の効果測定が出来るようになります。

※ コンバージョンが起きた割合のことをコンバージョン率(CVR)といいます。
※ コンバージョン率は、コンバージョン数÷訪問数で算出することが出来ます。
Google アナリティクス
 
 
1.目標URL

特定のページやスクリーン(※アプリにおいて「ページ」という概念が存在しないためこのように呼ばれています)が読み込まれるとコンバージョンが達成されます。

2.訪問の滞在時間

セッションが一定時間以上継続するとコンバージョンが達成されます。


3.ページビュー数/スクリーンビュー数

ホームページにアクセスした検索者に一定以上のページまたは、スクリーンが表示されるとコンバージョンが達成されます。


4.イベント (サイト内での行動)

イベントとして定義された操作が発生するとコンバージョンが達成されます。(※Googleアナリティクスのトラッキングコードでイベントトラッキング用のカスタマイズが必要です)
目標 達成 能力 ではないです

陽幸社 スタッフBLOG 一覧

帰ってビール飲むべ!