3月10日 検索上位を狙うSEOキーワード対策について

SEOキーワード対策の難しさ・・・

SEOキーワード対策では、基本1ページ1SEOキーワードで対策を進めることが大切です。

1ページ1SEOキーワードで対策し、SEOキーワードに特化したページを作りながら、そのキーワードで上昇させやすくします。

1ページ複数SEOキーワードで対策した場合、どのキーワードにも特化してないので、どのキーワードでも順位が上がりずらくなります。

施策として、軸となるSEOキーワード(検索順位を上げたいキーワード)を選び、タイトルやディスクリプション、コンテンツ等にそのSEOキーワードを含めます。

必ず軸となるSEOキーワードのキーワード出現率を3%~5%で上位にしてください。

合わせて、軸となるSEOキーワードに関連する言葉をページに散りばめることで、ロングテールキーワードでも集客することが可能です。

SEOキーワード選定を慎重に行い、上昇させたいSEOキーワードに特化したページを作りながら、SEO対策を進めてください。
SEO キーワード 対策
 
 

SEOキーワード選定とは・・・

SEOキーワード選定とは、検索結果で上位表示したいキーワードを選ぶことです。


SEOキーワード対策では、どのキーワードで上位表示するか決め、決めたキーワードでページを最適化することが大切です。

SEOキーワード選定により、検索トラフィックの集まりやすさが決まり、売り上げを左右するとまで言われてます。

競合分析や無料ツールなどを活用し、競合の強弱・検索ボリュームを見極めながら、集客できそうなSEOキーワードを選定してください。

 

ターゲットを想定する・・・

SEOキーワードを選ぶときに、必ずターゲットを想定したキーワード選びをしてください。

GoogleAdwordsキーワードプランナーなどを活用して、実際に検索されてるキーワードの中から、ターゲットにマッチするキーワードを選ぶことがポイントです。

例えば、印刷商品の内容が記載されたページに集客したい場合、実際に検索されてるキーワードは、「印刷」ではなく、「名刺 作成」「名刺 印刷」「ネット 印刷」「ポスター 印刷」などです。

このようなSEOキーワードを選定し、コンテンツを最適化(コンテンツSEO)していくことができれば、SEOキーワード対策は成功です。

Google Adwords キーワードプランナー
 
 

SEOキーワードをタイトルに入れることがとても大切です・・・

順位を上げたいページ(集客したいページ)のタイトルににSEOキーワードを含め、前方にSEOキーワードを入れてください。

検索上位サイトは、SEOキーワードが前方にあるタイトルが多く、このようなサイトが評価されやすいと推測することができます。

ディスクリプションにもSEOキーワードを含めながら、サイトの概要を記述することも重要です。

タイトルとのバランスを考えながら、ディスクリプションをライティングしてください。

タイトルで使ったSEOキーワードをディスクリプションに含めることで、整合性を高めることができます。

また、SEOキーワードを含めたライティングしながらコンテンツを作ることが大切です。

なので、ターゲットを絞って(キーワードを絞って)コンテンツを作成しないと、SEOキーワードを入れながらライティングすることは困難です。

例えば、先ほどの印刷商品の内容が記載されたページに集客したい場合、以下SEOキーワードが候補に有り、これらのキーワードから1つに絞ることが重要です。

「名刺 作成」「名刺 印刷」「ネット 印刷」「ポスター 印刷」このキーワードを軸にライティングしていきます。
SEO キーワード 選定 施策
 
 
ナイスプレスで 頑張りましょう!

サブキーワードを加える・・・

月間10万回以上検索されるビックキワードやミドルキワードに対して、サブキーワードを加えた複合キーワードを追加します。

実際のSEOキーワードは、この複合ワードがメインになることが多いです。

複合キワードとしては、地域や駅などのエリアキーワードから、情報収集や検討、購入などの問題解決キワードなど、様々な複合キワードに拡張できます。

 

ハリボテの施策は、絶対に止めてください。

ホームページを資産にしたいのなら、ハリボテ対策は一時的に効果が出ても、有益な情報を検索者に提供しておらず、ペナルティーとして後で順位が下がる可能性があります。

しっかりと基本5項目から取り組んで、内部対策にも目を向けてください。

 
陽幸社 スタッフBLOG 一覧
 
 
一杯 やっちまった!