5月2日 かわいい薬袋

歯が痛い!

虫歯
とある出勤の土曜日のことです。数日前から痛み出した歯の痛みがいよいよ本気を出してきたので、昼休みに歯医者さんに行くことにしました。土曜日ということもあり、3件目でようやく治療してもらえることに。対応してくださったのは九段下歯科クリニックという歯医者さんで、予約なしにもかかわらず、とても丁寧な説明と治療をしていただきました。帰りに治療費を支払い薬を出してもらったのですが、その薬袋をみて驚きました。今まで見たことのないピンクや黄色のかわいい薬袋だったからです。まるでお菓子でも入っているようなポップさです。「何これ、超かわいい!」思わず声に出しそうになりましたが、おじさんなので心の中で叫びました。

目からウロコ

かわいい薬袋
業務として主に封筒のデータを作成しており、薬袋(封筒業界ではヤクタイといいます)も作ることがあるのですが、1色印刷のシンプルなものばかりです。いつのまにか薬袋は白地に1色と思い込んでいた自分には目からウロコの一品でした。薬袋が白地に1色でなくてはいけないなん決まりはありません。かわいい薬袋があって全然OKです。固定観念にとらわれず柔軟な発想で仕事に取り組めたらいいなと思いました。


陽幸社では各種封筒、薬袋も取り扱っています。お気軽にお問い合わせください。

陽幸社 スタッフBLOG 一覧