3月28日 ネットを使わない人にネットで訴える!?

牛乳 牛乳配達 宅配牛乳

宅配牛乳のホームページリニューアル


本日は千葉県松戸で地域密着型の宅配牛乳会社さんの

ホームページの打ち合わせにお伺いしました。



子供の頃、大概の家庭には新聞同様、牛乳も宅配されていました。

ところが最近はスーパーやコンビニの台頭により、

生活者は自分で購入するようになり、

いつしか宅配牛乳は少なくなっていました。



そんな宅配牛乳の会社さんから、

現在ホームページが機能していないため、

リニューアルをしたいとのオファーを頂きました。

高齢者

ネットが苦手な高齢者がターゲット



ホームページを見ると、イメージ写真を多用し、

とても小奇麗に作成されていました。



綺麗で印象は良いのですが、

ホームページを訪問した人に次のアクションを起こさせる導線がありません。

これだと訪問しても「感じの良いホームページ」だけで

終わってしまうことが想像できます。



案の定、最初は集客目的で業者に依頼したそうですが、

ほとんど問い合わせが来ないので、

「名刺代わり」になれば良いと、諦めていたそうです。



「どのような人に訪問してほしくて、訪問した人に何をしてほしいか?」

を明確にし、方向性を合わせて構築することが、

マーケティングツールとしてのホームページ作成は基本ですので、

そこに注力すれば、もう少し違う結果になるかと思います。



ただし、今回の場合は「ターゲット」に難しい点があります。



と言うのも、現在の顧客層が「ネットが苦手な高齢者」です。

ネットを使わない人にネットで訴えるのは常識的に無理が有ります。



ちなみにGoogleで「松戸 牛乳」で検索すると1位です。

アナリティクスを見てないので何とも言えませんが、

もしセッション数が多ければ、探している人は多いので、

サイト内で次のアクションに導く導線を作れば、

上手く行きそうです。



ところがセッション数自体が少なければ、

既に検索トップに上がっているので、

ネットでの需要に問題があると考えられます。



そうなると媒体から考え直す必要があると思うので、

今回はまずサイト内の導線を作り、

その結果を見て、今後の方向性を考えたいと思います。

ネット高齢者
陽幸社 スタッフBLOG 一覧