特殊印刷

「 複合印刷 」「 特殊印刷 」でキレイからスゴイへ

その印刷物で、人の心を惹きつけられますか?

● いつも同じで、何かパッとしない
● さりげなく惹きつける印刷物を創りたい
● キャンペーンで惹きつけたい
特殊印刷比較(色エンピツ)
デジタル時代だからこそ、「印刷物にだけ許される豊かな表現力」が際立ちます。「紙・技術・デザイン」の要素を高い次元で調和させることができる株式会社陽幸社の複合印刷・特殊印刷をご利用ください。

Webメディアを使ったPR・販促が普通になった現在、印刷メディアが注目され、複合印刷・特殊印刷を利用したポスター、パンフレット、メニューなどが増えています。
見慣れた印刷物に複合印刷・特殊印刷を施すことで見た人は新鮮に映り訴求力が増します。これは広告主にとって効果抜群で頼もしいメディアです。

例えば・・・
通常のオフセット印刷では際限ができなかった、RGBの広い色域もカレイド(Kaleido)インキを使えば再現できるようになります。
簡単に言うと、モニターで見ているキレイな色を印刷でも再現ができると言うことです。


補足・・・
RGBデータを印刷する場合、PhotoshopなどでCMYKのデータに変換する必要がありますが、もとのデータの色域が広いほど、カレイドの広い色域を活かすことができます。たとえば、ピンクの場合、JapanColor 2001coatedの色域では、AdobeRGBはR194B123までしか再現できませんでしたが、カレイドならR206B153まで再現することができます。(プロファイル比較による理論値)
特殊印刷プロファイル比較1

特殊印刷プロファイル比較2

こんな方におススメです

パンフレットでグッと心を鷲掴みにしたい
商品の色を再現したい
オリジナルなメニューを創りたい