「生産緑地2020年問題」って何だ?

生産緑地
こんにちは、陽幸社の大西ひでしです。
みなさんは「生産緑地2020年問題ってご存知でしたか?生産緑地の指定解除に伴って、2022年に宅地が大量提供されることです。土地の値段(地価)に大きく影響を与えると言われています。

生産緑地とは、市街化区域にある農地を制度的に保全することが目的で、原則としてすべて、住宅建設可能な市街化区域内にあることがポイントだ。同法の適用は1992年からで、期限は30年後。つまり2022年以降、生産緑地の多くが宅地化する可能性が高くなるというのだ。

空き家対策が叫ばれる中、今後宅地が増えて、住宅が増えていくことが良いことなのかと疑問に思ってしまった。土地は誰のものかも疑問なところもあるが、制度が変わることで土地の値段や住宅の価値が大き変わってしまうことも不安定な材料になるでしょう。私は千代田区に住宅も仕事場もご縁をいただいているので、千代田区に生産緑地があるとは思えないが、抑えておくべき点なのかもしれません。


千代田区中央区文京区 ビジネスサポート 社長ブログ