スキャニング

スキャニング

透過原稿(ポジ・ネガフィルム)から反射原稿(写植での印刷版下、印刷物や手書きの原稿、現像された後の写真など)を印刷に適したデータにします。
画像を美しく仕上げたい、高品質の印刷物作成の際は、家庭用スキャナとは比較にならない美しさ、プロの画像をご利用ください。

透過原稿や反射原稿の需要はまだまだ根強いものがあります。
特に反射原稿は手軽に高品質にデータ化出来るものではありません。

陽幸社ではフラットベットカラースキャナーFUJI FILM Lanovia Quattroを使ってお客様のアナログ素材のデジタルデータ化をお手伝い致します。
Lanovia Quattroは、独自開発の1万500画素のCCD“Super Linear CCD”を搭載し、10%〜3000%までの倍率、最大解像度はモノクロ4360/1200dpi(切り換え)、カラー2740/762dpi、反射原稿最大A3サイズまで対応しています。
このLanovia Quattroを2台導入し、高品質のスキャニングを短期間で納品することが可能です。
保存形式はJPEG、TIFF、PSDなどご要望の形式に対応いたします。
スキャニング後、色見本付きの色補正や画像修正も承ります。
印刷版下の場合、Illustratorでの網掛け処理も可能です。

※(透過原稿)345×465mm  ※透過353,000%
(反射原稿)345×465mm
光学解像度最大5000dpi