RGB→CMYKコンバート

RGB→CMYKコンバート

通常、プロセスカラー印刷では、黒の部分を引き締めるために、シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)にブラック(K)のインキを加えた4色(プロセスカラー)でフルカラーを表現しています。

RGBカラーは、PCのモニターやデジカメ、スキャナなどは、このRGBカラーで色が表現されていますので、印刷に適したCMYKカラーに変換します。

光の三原色とは「R(赤)・G(緑)・B(青)」のことです。
これらは混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため『加法混色』と言われています。

CMYは、色料の三原色「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)」のことです。
これらは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなり、理論上は黒色に近づいていくため『減法混色』と言われています。
理論上と書いたのには訳があり、実際にはどんどん濁った灰色になっていくのですが、一般的にイメージする『黒色』にはなってくれません。

カラースペース(色表現の広さ)について
カラースペースRGBとCMYKでは、再現できる色の領域(色空間・カラースペース)が異なります。
右図から、RGBでは再現可能であってもCMYKでは再現できない領域があることがわかります。
そのためRGBで作成されたデータを印刷すると、再現できない領域が別の色(CMYKでの近似色)に置き換えられ、全体的にくすんだ色味に仕上がります。
※よって、印刷用データは、CMYKカラーで作成する必要があります。