コピードット

コピードット

フィルムの保管場所や劣化に困っていませんか?

●フィルムの保管場所でスペースがとられている。
●フィルムを使って奥付のみ改訂したい。
フィルムのデータ化の方法として、コピードットがあります。フィルムの網点をそのままの形状でスキャニングした、白(0%) と黒(100%) の2 階調データ(1bit TIFF)です。データ化によりデータベース化も行えます。
1枚ずつ原稿台にセットした4枚のフィルムをそれぞれスキャニングし、網点(ドット)一つ一つをそのまま16800画素の線画像専用CCDにて、白(0%) と黒(100%) の2 階調データ(1bit TIFF)画像でスキャニングし、1つのデジタル画像に合成します。
解像度はRIP環境、CTPの出力解像度に合わせて設定することができます。従来の在版・置版フィルムをデジタルデータに置き換えるにはこれが最適です。但し、網点化されるため、色調補正やシャープネスなどの画像編集は行うことができません。
出力時には、RIPでの網点を使用せず、フィルムの網点を忠実に出力可能です。従来の在版・置版をデジタルデータに置き換え、フルデジタル化することで、作業工程を簡素化,見当合わせなどの精度を向上させることができます。

こんな方におススメです

在版フィルムをデータ化したい方。