Outline PDF Advance

Outline PDF Advance

OutlinePDF ADvanceってなに?

OutlinePDF ADvanceとは、OutlinePDFの最新バージョンです。最大の特徴はAdobe PDF Print Engine(APPE)でRIP処理されているということです。Adobe PDF Print Engine は、Adobe 社の新しいRIP技術です。従来のCPSI系のRIPがPostScriptを処理するのに対して(=従来のOutlinePDF)、Adobe PDF Print EngineはPDFをダイレクトに処理することができます。つまり、透明効果を分割せず、そのままダイレクトに処理することが出来るようになりました。
また、OutlinePDFと言いながら、フォントがアウトラインをかけられた状態ではなく、埋め込みになっていることも特徴です(OutlinePDFというぐらいで、いままでのOutlinePDFはフォントをすべてアウトライン化していました。Advanceでは埋め込みフォントになっています)。
OutlinePDF ADvanceもOutlinePDFと同様に、同一システム・同一バージョンが原則です。TrueFlow・EQUIOS以外の他社製RIPでは出力できません。また、AcrobatPro等を使用しての編集作業も出来ません。
生成にあたっては、PDFX-4ファイルを入力します。Adobe CS以降の出力にはOutlinePDF ADvanceが最適です。

尚、出力に当たってはシステムのバージョンを合わせなければなりません。弊社のバージョンは下記の通りです。
Valiano Flow(True Flow)ver.7.30 TF(352)SW2
EQUIOS ver.4.01 EQ100

互換性のないOutlinePDFの処理は、予期しないエラーもしくは出力結果の差異が生じることがございますので、ご用命の際は必ずお問い合わせください。

こんな方におススメです

TrueFlow、Valiano・EQUIOSシステムをお持ちの印刷会社様、製版会社様